歴史的地震記録のデータベース化

 阿武山観測所には観測所および上賀茂観測室などその他の観測点のデータを含め、約100年前からの地震記録が保管されています。
 当時の記録は紙に煤をつけたものに針で地震波形を記録しており、保存されている記録用紙の総枚数は10万枚を超えます。
 これらの記録は、現在デジタル化し、記録のデータベース化を進めています。