満点計画とは

 この世の中で起こっている色々な現象の真の姿を明らかにする上で,その現象に関するデータの質と量は決定的に重要な鍵となります. ところが,地震予知に関する分野においては,これまでは十分なデータを得ることができなかったため,例えば,医学分野において,CT(Computerized Tomography)による「断層」写真はガンの早期発見などに大活躍していますが,地震学におけるSeismic Tomographyは,現在のところ,内陸地震の震源断層を明確に捉えるだけの精度や分解能を持っていません.
 そこで,我々は,地震データの量と質を飛躍的に上げるために,多点で高精度かつ容易に地震を観測できる安価な次世代型の地震観測システムを開発しました. これにより,機材さえ揃えば,万点規模の観測網を構築可能となりました.
 このシステムは地震観測の一つの理想像に近いので,我々はこれを「満点システム」と名付けました.そして,「満点システム」を活用して,地震の観測点数を飛躍的に増やす計画「満点計画」を始めました.「満点計画」は,具体的な研究プロジェクトに対応するもののではなく,これまでとは桁違いに観測点数を増やそうとする試み全般や,その背景にある哲学や思想のことを指しています.「満点計画」は,次世代型稠密地震観測と言い換えることが出来ます.